#シコーる活動日誌

すきなことを書く

【シングル】ラティアスクチート【使用構築】

お久しぶりです。くまです。シーズン7お疲れ様でした。

 

目次

前置き

シーズン7は1900達成すら苦しくなってしまったダブルレートのデフレーションに対し、2200が多く出たシングルレートのインフレーションが目立ったシーズンでした。

今までダブルを続けてきましたが、ツイッターではシングル勢ばかり盛り上がっていてダブル勢は冷え切っているような、そんな印象さえ感じてしまいます。

ともかくして、ダブルレートの熱が冷め始めてきたので久しぶりにシングルレートを潜ろうかな、と思った次第です。

過去にこのルールの経験が無かったわけではないのですが、自身の最高レートは1900台といままで2000に乗ったことがありません。それどころか、最近は(30戦程度しかしなかったのですが)まったく1500から抜け出せないような素人に成り下がってしまっていました。

前置きが長くなりましたが、この構築はそんな自分を奮い立たせてくれた構築です。紹介に入ります。

 

f:id:Kuma_poke:20180202213738p:image

 この構築に至った理由はいくつかあり、その多くはフォロワーさんの影響にあります。その経緯を辿ります。

 

構築経緯

……数日前、いつものようにTwitterをしていると、リツイートによってある画像が送られてきました。それには、ラティクチのくみかたと書かれていて、その手順がわかりやすくまとめられていました。

 

f:id:Kuma_poke:20180202141252j:image

 

長らくシングルレートを離れている僕にとって、このような「構築の組み方」という類のものは非常に高い需要を持っていました。そして、僕自身ラティアスクチートに興味を惹かれていたため、この画像をもとに構築を作り上げることを決意しました。

 

水枠

 f:id:Kuma_poke:20180202141623j:image

始めに決めたのは水枠です。画像では

ゲッコウガ カプ・レヒレ アシレーヌ スイクン

の4択となっています。

僕は前々から聞いていた情報として、悪巧みアーゴヨンを使用した積みサイクルが流行っている、アーゴヨンの対策はゲッコウガで上から殴るという情報を耳にしており、ラティアスクチートの並びで怪しさが残るアーゴヨンに厚くするなら、水枠の選択は変幻自在ゲッコウガが最善だと感じ、選択しました。

 

草枠

f:id:Kuma_poke:20180202213212j:image

次に草枠の選択に入りました。画像では

キノガッサ ジャローダ カミツルギ

の3択となっています。

TLに流れてきた構築記事を見た限りシーズン7ではカミツルギが流行していたようで、非常に興味がありました。加えて鳶沢みさきのアイコンが、「またスカーフカミツルギにタテられた><」などとぼやいていたのを思い出したので、気づけばスカーフカミツルギを育成していました。

 

地面枠

f:id:Kuma_poke:20180202213219j:image

地面枠の選択肢はランドロス ガブリアスと非常に狭いのが特徴的です。

この枠には、スカーフカミツルギ変幻自在ゲッコウガでは不安だった数値受けに対し、崩しの手段を欲していました。丁度ロリコンとして名を馳せる某あ◯もんどぽけさんが使っていた剣の舞竜Zガブリアスが楽しそうなのと、ボックスに偶然いたためすぐにねじ込みました。

 

自由枠

f:id:Kuma_poke:20180202212921j:image

自由枠には正直、なにを入れていいのかわかりませんでした。当初はミミッキュ採用を考えていたものの、ストッパーとしての役割をすでにカミツルギゲッコウガが担っているため、この枠にストッパーをさせるのは違うのでは、という意識を持っていました。

この枠には、雑に使えて誤魔化せる範囲が広いポケモンを欲していました。なので、普段ダブルで謎の信頼を寄せているカプ・コケコに行き着きました。挑発+自然の怒りという型を記事で見かけており、汎用性が高くサイクルから崩しにも応用可能だったため気に入りました。

 

 

 

 

 

最後に、エロゲ枠として花咲ワークスプリングをプレイして構築が完成しました。

f:id:Kuma_poke:20180202205336p:image

 

以下常体とする(このフレーズがシングル勢の構築記事で流行している)。

 

個体解説

 不知火 祈(しらぬい いのり)

f:id:Kuma_poke:20180202211200p:image
声 - 遥そら
誕生日 - 8月2日 / 血液型 - O型 / 身長 - 156cm / B86/W57/H84 / 2年生
キャラクターデザイン - ほんたにかなえ
海外留学を経て、鈴ヶ丘学園に体験入学中。授業には出ておらず、ひとり我が道を行く姿が学園内で噂になっている。過去にあった出来事から人間嫌いでありしつこく踏み込んでくる相手には身も凍るような”口撃”を浴びせることから、『鈴ヶ丘の雪女』と呼ばれている。留学先で舐められないように格闘技に長けており、彼女とまともにやりあうものはいない。実は猫好きであり、公園で出会った花咲家の愛猫・トラ美に餌をあげるときは、わざわざ猫用のものを買ってくるほどである。好きな食べ物はさくらんぼで、嫌いな食べ物はシイタケ。

 

玖音 彩乃(くおん あやの)

f:id:Kuma_poke:20180202211152p:image
声 - みとことみ
誕生日 - 6月26日 / 血液型 - AB型 / 身長 - 161cm / B91/W59/H86 / 3年生
キャラクターデザイン - とらのすけ
学園一の才媛にして、学園一の留年数を誇る謎多きわがままボディな先輩。子供の頃から天才と呼ばれており、テストや模試では常にトップである。そのため学園で彼女を知らない人はいないほどの有名人でもある。見た目は大人びた態度をしているが、急に子供っぽくなったりするなど、本心がつかめない人である。彼女の弱点として、お化けや幽霊が挙げられ、これらの話を聞いただけで半泣きで震え上がるほどである。お気に入りの羊のぬいぐるみを常に持ち歩いている。羊のぬいぐるみの名前は「たれしーぷくん」。

 

琴吹 ヒカリ(ことぶき ひかり)

f:id:Kuma_poke:20180202211143p:image

声 - 遠野そよぎ
誕生日 - 4月4日 / 血液型 - A型 / 身長 - 151cm / B88/W56/H82 / 1年生
キャラクターデザイン - 茉宮祈芹
遊真に一目惚れしてしまった少女。好きで仕方ないのだが、いざ本人と話すと顔が真っ赤になってしまう。一度告白を断られてしまうが、遊真を好きな気持ちは揺るがずその後も好意を寄せている。小説を読むのが好きであり、中でも若者向けの恋愛小説を好んで読んでいるが、内容が一般の恋愛小説の内容とかけ離れている。幽霊部では掃除をしたり、お茶を入れたりなど部員が喜ぶことに熱心である。ののかと同じ料理教室に通っており、料理の腕は天下一品である。趣味で幽霊部のみんなにお菓子などを焼いてプレゼントしたりしている。幽霊部の中の癒し形。

 

空森 若葉(そらもり わかば

f:id:Kuma_poke:20180202211137p:image
声 - 沢澤砂羽
誕生日 - 3月18日 / 血液型 - B型 / 身長 - 153cm / B78/W54/H81 / 2年生
キャラクターデザイン - とらのすけ
遊真と同じクラスで、仕分け委員会に所属している。かつて出会うなり遊真と意気投合し、それ以来芥川ともども仲良くしている。勉強は不得意だが悪知恵に関しては人一倍頭が回る。由緒正しきお嬢様だが、周りから見るにそんな雰囲気をまったく感じないほどノリがいい。どんなときでも全力投球であり、まっすぐな考え正直にぶつける。遊真を仕分け委員にするべく勧誘し続ける日々を送っている。

 

上月 柑南(こうつき かんな)

f:id:Kuma_poke:20180202211131p:image
声 - 海原エレナ
誕生日 - 10月1日 / 血液型 - AB型 / 身長 - 163cm / B93/W58/H88 / 2年生
キャラクターデザイン - 有末つかさ
空森家に仕えるメイド。にこやかで気配りもでき、クラスメイトに対しても「様」付けで呼ぶ徹底ぶりを見せる。しかし遊真には荒くれていた過去を知られてしまったため、2人だけのときは砕けた言葉使いになる。登場キャラ中一番の巨乳だが、若葉に気を遣ってさらしで締め付けて隠している。若葉に対し従者以上の感情を抱いており、彼女に褒められたり触れられたりすると、意識が桃源郷に行ってしまうほど。若葉のために常に最新のファッションをチェックしている。

 

花咲 ののか(はなさき ののか)

f:id:Kuma_poke:20180202211125p:image
声 - 塚本リタ
誕生日 - 12月15日 / 血液型 - A型 / 身長 - 146cm / B76/W54/H78 / 附属3年生
キャラクターデザイン - ほんたにかなえ
遊真の妹で、兄とは対照的なしっかり者。世話好きで、ついつい兄を甘やかしてしまう。そのため、遊真のグータラぶりに拍車をかけているという噂がある。同級生に限らず男子によく告白されているが、本人にその気はなく断り続けておりなおかつ兄と仲がよすぎるため、ブラコン疑惑がかけられている。家事スキルは主婦顔負けの熟練度である。

 

立ち回り

怠けることに全力を注いでいる主人公・花咲遊真は、学園で最多留年中の先輩である玖音彩乃から「ようこそ幽霊部へ! 今日から君が部長だよ」と言われ、幽霊部員が集う幽霊部の部長になってしまう。そこから遊真はいつしか周りに集まった一匹狼少女の不知火祈、純情乙女の琴吹ヒカリ、お嬢様で悪友の空森若葉といった個性的な女の子達とともに学園生活を過ごしていく。

 

構築総括

花咲ののかの補完が優れている

この構築の非常に印象に残った点です。自分はこのルールの初心者でしたが、不自由なくこの構築を回せていたのは花咲ののかの「癒しの波動」によるものが大きかったと感じます。

 

Hシーンがカットされている

この構築唯一の欠陥と言っても差し支えないと思います。なぜこのような欠陥が生まれたかというと、自分が全年齢対象版を採用していたことに繋がります。

しかし、たとえHシーンがなかったとしてもエロゲ枠の選択としてこれが間違っていたとは思えません。それほど、この構築の完成度が高く感じられました。

 

実績

全ルートクリア