#シコーる活動日誌

すきなことを書く

【全国ダブル】雨ガルコケコ

お久しぶりです。くまです。

実は最近ポケモンに飽きてプレイ時間が激減しました。特につまらない今年のWCSルールはおまけ程度に触ることになりそうです。

 

今期使った構築は「テヒフ(テテフレヒレ)グロス」と「雨ガルコケコ」です。僕が好きなのはテヒフグロスなんですけど、どっちかというと雨ガルコケコの方が勝てたのでそっちを記事に。

選出がほぼ固定で似たような試合をひたすら繰り返す構築なので、少しレートが伸び悩むと僕はすぐ飽きちゃいましたが、少し触ってみる分には面白いと思います。

 

f:id:Kuma_poke:20181027112331p:image

 

構築経緯

昔から2パターンの選出だけを用意する構築をよく使ってたので、雨パの選出誘導で裏選出が通しやすくなる点に着目し、雨選出と裏選出を二極化させるところから組み始めました。

 

ちなみに、構築の原案はSM後期にゆっこぽけ(@yucco_poke)が使用していた並び。

[f:id:Kuma_poke:20181027224139p:imagef:id:Kuma_poke:20181027225143p:imagef:id:Kuma_poke:20181027224151p:imagef:id:Kuma_poke:20181027224844p:image]-雨選出

[f:id:Kuma_poke:20181027224148p:imagef:id:Kuma_poke:20181027225151p:imagef:id:Kuma_poke:20181027224131p:imagef:id:Kuma_poke:20181027224918p:image]-裏選出

[f:id:Kuma_poke:20181027224157p:imagef:id:Kuma_poke:20181027224935p:imagef:id:Kuma_poke:20181027224145p:imagef:id:Kuma_poke:20181027225158p:image]-両方のパーツ

雨選出:f:id:Kuma_poke:20181027224139p:imagef:id:Kuma_poke:20181027224151p:imagef:id:Kuma_poke:20181027224157p:imagef:id:Kuma_poke:20181027224145p:image

裏選出:f:id:Kuma_poke:20181027224148p:imagef:id:Kuma_poke:20181027224131p:imagef:id:Kuma_poke:20181027224157p:imagef:id:Kuma_poke:20181027224145p:image

 

-この並びの裏選出はガルガモスで、ナットツルギを起点に猫+蝶の舞をする。

「選出誘導による初手の有利対面を最大限アドバンテージに変換し主導権を握り続けることができる」「出し勝ちをそのまま直接勝利に結びつけることができる」このわかりやすく強い組み方に魅力を感じ、積み技を一つのコンセプトに取り入れるきっかけになりました。取り巻きの眼鏡コケコやシードテッカグヤは雨との相性も良く、選出も綺麗にまとまっています。

 

この考えに相性が良く、雨選出にも問題なく対応できるエースとして瞑想カプ・コケコと剣の舞カミツルギ、それを補佐できるガオガエンまで決定。

雨エースには猫騙しを持てるルンパッパよりも、有利不利がはっきりしていて選出誘導がしやすいキングドラ。雨降らしにはS操作と飛行打点を持てるペリッパーを採用。

雨選出がペリグドラコケコツルギで問題なく立ち回れるのを確認して、最後の枠は裏選出の目的と合致しているメガ枠としてガルーラが入りました。USM中期に使用した雨ハッサムと同様、2枚猫のギミックを組み込みました。

【WCSダブル】雨ハッサム【使用構築】 - #シコーる活動日誌

 

[f:id:Kuma_poke:20181027225813p:imagef:id:Kuma_poke:20181027225857p:imagef:id:Kuma_poke:20181027224151p:imagef:id:Kuma_poke:20181027225931p:image]-雨選出

[f:id:Kuma_poke:20181027224148p:imagef:id:Kuma_poke:20181027225151p:imagef:id:Kuma_poke:20181027225815p:imagef:id:Kuma_poke:20181027230100p:image]-裏選出

[f:id:Kuma_poke:20181027225818p:imagef:id:Kuma_poke:20181027230039p:imagef:id:Kuma_poke:20181027224157p:imagef:id:Kuma_poke:20181027230023p:image]-両方のパーツ

雨選出:f:id:Kuma_poke:20181027225813p:imagef:id:Kuma_poke:20181027224151p:imagef:id:Kuma_poke:20181027224157p:imagef:id:Kuma_poke:20181027225818p:image
裏選出:f:id:Kuma_poke:20181027224148p:imagef:id:Kuma_poke:20181027224157p:imagef:id:Kuma_poke:20181027225818p:imagef:id:Kuma_poke:20181027225815p:image

 

都合上裏選出と表現してますが、もともとはこの選出を通す考えから組み始めたのでそっちがメインだと考えていいです。

 
個体解説

ペリッパー

f:id:Kuma_poke:20181027235508g:image

性格:臆病

持ち物:気合の襷

実数値:135-×-120-147-91-129

努力値:C252 D4 S252

熱湯/暴風/追い風/守る

 

キングドラ

f:id:Kuma_poke:20181027235515g:image

性格:控えめ

持ち物:命の珠

実数値:151-×-115-161-115-137

努力値:H4 C252 S252

濁流/龍の波動/冷凍ビーム/守る

 

ガルーラ

f:id:Kuma_poke:20181027235359g:image

性格:陽気

持ち物:ガルーラナイト

実数値:181-175-121-×-122-167

努力値:H4 A236 B4 D12 S252

猫騙し/捨て身タックル/冷凍パンチ/グロパン

 

ガオガエン

f:id:Kuma_poke:20181027235451g:image

性格:勇敢

持ち物:ウイの実

実数値:201-165-110-100-129-58

努力値:H244 A116 D148

フレアドライブ/バークアウト/猫騙し/蜻蛉帰り

 

カプ・コケコ

f:id:Kuma_poke:20181027235414g:image

性格:臆病

持ち物:電気Z

実数値:145-×-105-147-96-200

努力値:C252 D4 S252

10万ボルト/マジシャ/瞑想/守る

 

カミツルギ

f:id:Kuma_poke:20181027235459g:image

性格:意地っ張り

持ち物:マゴの実

実数値:151-221-151-×-80-148

努力値:H132 D228 S148

リーフブレード/聖なる剣/剣の舞/守る

 

 

f:id:Kuma_poke:20181028001654p:imageガルーラのグロウパンチについて

ガルーラの役割は積み展開の補佐ですが、グロウパンチを持たせています。

理由はいろいろありますが、1番の理由は綺麗に通った時に莫大なアドバンテージがあることです。

威嚇ガオガエンが環境に台頭してから、多くのパーティでガオガエンが採用され、「隣を守らせながらガオガエン後出し」や「隣を守らせながらガオガエンで蜻蛉帰り」などといった動きはほぼ全てのパーティ、ほぼ全ての試合で見るといっても過言ではないかもしれません。

アクションを起こすターンと対面を操作するターンのメリハリがわかりやすくなったのを逆手に取り、相手の対面操作のターンにガオガエンへガルーラのグロウパンチを当てておくことで、相手のガオガエンをコケコの電気ZやツルギのA+1聖剣で落とせるHPに押し込むと同時に、Aの上昇したガルーラを作ることができます。エースとガルーラの両方を立てやすい状況を作ることができるので、そのターンに一気に勝ちを引き寄せることができます。

もちろん、単に積みリレーの動きも強いので立ち回りの幅を広げるのに繋がります。2枚猫ギミックは環境に定着しつつあるので、できるだけ固定の動きに縛られずに対面的な動きを用意することも今後必要とされてくると感じています。

 

最高レートは36-11くらいで1860くらい。対戦数を積めば1900は載せれると思いますが、その上はわかりません。(試合数とレートが増えると再戦が多くなり、選出勝ちができなくなってくるため)

重いポケモンはテテフ、格闘Zツルギ、トゲデマル、スカーフランドロス