ブログ

すきなことを書く

【WCS2019ultra】月蝕ネクロピッピ

書くだけ書いときます

f:id:Kuma_poke:20190723235404j:image

 

 

構築経緯

f:id:Kuma_poke:20190703053954p:imagef:id:Kuma_poke:20190703053959p:imagef:id:Kuma_poke:20190703054006p:imagef:id:Kuma_poke:20190703054010p:imagef:id:Kuma_poke:20190703054035p:imagef:id:Kuma_poke:20190703054033p:image

キヌガワさんのグラネクロに強い魅力を感じて構築開始

ブログを読むと

・耐久振りグラードンと遅いガオガエンでトリルを対策

ツンデツンデネクロズマの選出ができないイベルタル系(特にゲンガーイベルオーガ)に選出

・基本選出はネクロガエン-グラテテフ

・テテフのマジックルームが強い

・ガエンの横取りが強い

など多くの点に納得、参考にさせていただきました

初期段階からたたき台としてほぼ全てコピーしましたが、いくつか違う点があるので箇条書きにします。元記事に関しては読んだだけで強さがわかるとてもいい記事だったので、みなさんも読んでおいてください

みらいよちミュウツーグラードン【PJCS2019使用構築 TOP32】|キヌガワ|note

 

初期段階の差異

f:id:Kuma_poke:20190714151100p:imageネクロズマ(ミュウツー)

キヌガワさんはJCS当日の同族の多い環境を予想してミュウツーに変更しましたが、自分はネクロズマを選択しました。主な強みは以下の通り

・初見でトリル型かわかりにくい

・ウルトラバーストをする/しないで選択肢がある

・数値が高い

・技を一つ多く持てる

・耐性が優秀

逆にネクロズマの弱点である1ターン目からZが撃てない点をほとんど横取りで解消できているので、メリットの方が大きいと判断しました

技構成に関してはフォトン/シャドーレイ/守るを確定として残り1つを①瞑想→②身代わり→③大地と変化しています

 

①瞑想

大地が必須ではないということで技の3枠目を色々冒険しようと思い、ウルトラバーストする暇な1ターン目に猫+積み技をするのが選出に噛み合っている点から試験的に採用

フィールド無しでも火力が出る点と瞑想+フィールドでZ無しでも等倍範囲をほぼ確1で縛れる爆発力の高さが魅力

 

②身代わり

ガオガエンが遅いことでガオガオ猫を選択できない=猫+積み技を狙える機会が思ったより少なかったため、1ターン目以外にも使用機会がある積み技として採用

ウルトラバースト後のZを警戒した動きに刺さり、ローリスクハイリターン

 

③大地

後述するピッピの採用により、猫+積み技の動きができなくなる点、フィールド無し状態での火力確保と行動保証が可能になった点、手助けと相性がいい点から採用

手助け大地でH振りガオガエングラードン、勇敢HDシュカツンデまで処理が可能

 

f:id:Kuma_poke:20190714151122p:imageグラードン

命中率と対ジオコンゼルネ以外は炎のパンチよりオバヒの方が強いため変更

月食ネクロやワイガ持ちツンデツンデなど全体的にダメージ増、威嚇無視

オバヒの火力確保とSは必要最低限(トリルパのグラカイを抜ける、だいたいのガオガエンを抜ける程度)でいい点から性格を勇敢にしています。できるだけ相手のグラとのS関係をはっきりさせたかった意図もあります。 Sを落とした関係で、耐久を伸ばしました。これでトリルプランが見やすくなります

オバヒを採用しながらも物理型である理由は、元記事と同じく対ガオガエン性能を評価したのと、バークアウトの一貫防止です

 

f:id:Kuma_poke:20190714151138p:imageガオガエン

理想個体がいないので最遅にして使ってました

手間が省ける

ちなみにピッピの採用によって消えます

 

f:id:Kuma_poke:20190714151208p:imageツンデツンデ

仮想敵[ゲンガーイベルオーガ]に対してシュカの実が効果的に作用するか怪しかったので岩Zでの採用

影踏みサイクルに対して威嚇で腐る前に頭数を減らしてサイクルを制限することができる。仮想敵イベルタルの処理速度が上がる

シュカでないデメリットのウルネクに選出しにくい点は、ミラーでは後述のピッピが活躍するので解決できていると思います

ジャイロ/エッジ/トリル/スキスワでしばらく回していましたが、ジャイロを撃つ機会がほぼないのに対しワイガが欲しい場面は多かったので、エッジ/ワイガ/トリル/スキスワに安定しました

 

f:id:Kuma_poke:20190714151353p:imageカプ・テテフ

後述するピッピの採用により、ルナアーラに対してネクロ+ピッピの出し方をする機会が多いことからマジシャで削りを入れる必要がなくなり、代わりにサイコショックを採用

カイオーガやチョッキ持ちなど、ショックの方が火力の出る相手に対しての選択肢になる

 

f:id:Kuma_poke:20190714151727p:imageピッピとの出会い

試合数をこなしていると、構築に手助けが欲しいと思うようになっていきました。月食ネクロの猫騙しの撃たれにくさを利用した1ターン目の縛りにポテンシャルを感じていて、それを実現できる手助けを採用しないままでいるのは勿体ないとまで思っていました

例として手助け込みならシャドーレイルナアーラ、大地でH振りガオガエングラードンなどを縛ることができます

相手視点この動きにまでケアが及びにくく、1ターン目はこの指+トリックルームやウルトラバーストから入る余裕を与えないよう行動してくることが多いため刺さります

手助けを持てるポケモンとしてピッピは隣の生存力を上げる、トリックルームに強い、横取りを持てるなどの点からガオガエンの互換として十分でした

初手手助けの動きを用意したのは大成功で、ウルネクが1試合で平均して約2匹倒すことができるようになり、相手を4匹倒して勝つという最も単純なゲームプランを大幅に見据えやすなりました

特にGSにおいて2匹以上の処理が保証されるのは大きくて、オーガ入りに対してサイクルを止めれるためグラードンで詰めてイージーウィンという流れが多かったです

 

ピッピを採用したことのいくつかの問題点

ルナアーラが基本選出で対応しやすくなり、プテラの価値が薄れた

ガオガエンがピッピになったことで、鋼タイプが重くなった

③初手のゼルネ単体のジオコントロールが止められない(ゆえにグラードンを後出ししてから吠えるなどの応急処置しかできず、初手グラゼルネのような投げ方が思いのほか厄介)

④威嚇がない(重要ではない)

 

f:id:Kuma_poke:20190714151100p:imagef:id:Kuma_poke:20190714151122p:imagef:id:Kuma_poke:20190714151353p:imagef:id:Kuma_poke:20190714151727p:imagef:id:Kuma_poke:20190714151208p:imagef:id:Kuma_poke:20190714154236p:image→?

この解決手段として、プテラの元々の役割である「イベルタルに強い」「地面の一貫を切ることができる」「S操作持ち」に加えて、「鋼タイプに強い、もしくはグラの選出率を上げる」「初手のゼルネアスを牽制する」ことのできるポケモンに変更する方針を決めます

※「グラの選出率を上げる」について

基本選出ネクロピッピ-グラテテフにおいて、ピッピもしくはテテフの役割の一部を担うことができるのが理想です

 

f:id:Kuma_poke:20190714161126p:image

キヌガワさんのブログでも触れられているリザードンは「地面の一貫を切ることができる」「S操作持ち」を満たしていて、なおかつ「鋼タイプに強く、ゼルネアスにも強い」ことからいざ採用してみると、イベルタルに弱いのが痛すぎて断念しました

 

6枠目とグライベルに関する現状の結論

実はこの点は満足のいく結論が出ていません。現状の結論を書きます

f:id:Kuma_poke:20190723234110p:image

グライベルに対して出した個人的な結論は、「グラードンの型を物理と1点読みした上でツンデツンデを選出し、飛んでくる地面技にはワイドガードで対応する」だったので、最終的にトリル選出に噛み合いが取れる勇敢ボーマンダを採用

ボーマンダは前述した「威嚇枠の確保」もそうですが、物理メインの型で採用することで「バークアウトで解決されない」、これが対イベルタルでかなり重要な要素に感じています

鋼やゼルネアス強くない点はプテラでも同じなのである程度割り切っています

ゼルネに関しては、相手がトリックルームツンデツンデを警戒してくれた場合ジオコンから入らないでくれることがある、初手グラゼルネという投げ方をする人類があまり存在しないなどの理由で許容しています

鋼がキツいのは、ボーマンダの選出率が低いことが相対的にグラードンの選出率を上げているので一応問題ありません(笑)

 

結局グライベルは不利マッチという結論ですが、ピッピを採用しない元の形でも不利マッチだったと思うので仕方ないです

この構築の改善点があるとすればマンダの枠ですね

 

個体詳細

f:id:Kuma_poke:20190714154920g:image

ネクロズマ@ウルネクZ

臆病 H4 C252 S252

フォトン/シャドーレイ/大地/守る

 

f:id:Kuma_poke:20190714154928g:image

グラードン@紅色の珠

勇敢 H252 D236 S20

断崖/オバヒ/吠える/守る

・追い風下でコケコ/メガゲンガー抜き

・H振りガオガエン最低乱数以外確1

 

f:id:Kuma_poke:20190714155032g:image

ボーマンダ@メガ石

勇敢 H244 A28 B4 C76 D156 S最遅

捨て身/ハイボ/追い風/吠える

・臆病ルナアーラのルナZ耐え

・臆病イベルタルの悪の波動Z耐え

・捨て身でH振りレヒレに木の実を食べられない

 

f:id:Kuma_poke:20190714154953g:image

カプ・テテフ@こだわりスカーフ

控えめ B4 C252 S252

サイキネ/ショック/ムンフォ/マジル

・H4振りレックウザ最低乱数以外確1

 

f:id:Kuma_poke:20190714155053g:image

ツンデツンデ@岩Z

勇敢 H244 A12 D252

エッジ/ワイガ/トリル/スキスワ

・臆病ルナアーラのルナZ耐え

・臆病イベルタルの悪の波動Z高乱数耐え

 

f:id:Kuma_poke:20190714155113g:image

ピッピ@進化の輝石

生意気 H252 B20 D236

この指/手助け/横取り/守る

・陽気レックのガリョウ耐え

 

選出

基本選出f:id:Kuma_poke:20190723234555p:imagef:id:Kuma_poke:20190723234624p:imagef:id:Kuma_poke:20190723234557p:imagef:id:Kuma_poke:20190723234641p:image

イベルタルf:id:Kuma_poke:20190723234741p:image(f:id:Kuma_poke:20190723234641p:imagef:id:Kuma_poke:20190723234624p:image)+f:id:Kuma_poke:20190723234557p:imagef:id:Kuma_poke:20190723234110p:image

 

実績(?)

7/20 WCSレート1位(1821)

 

 

 

世界大会でぷりずむさんなどが参考にしてくれました